Arduino Hardware
Arduino Hardwareの日本語訳です
UNO R4 WiFi

Arduino UNO R4 WiFiは、ルネサスの32ビットマイクロコントローラであるRA4M1を中心に設計されています。また、Wi-Fi®とBluetooth®接続のために、ESP32モジュールも利用しています。その特徴的な12x8のLEDマトリックスにより、ボード上に直接ビジュアルなプロトタイプを作成することができます。また、Qwiicコネクタを使えば、プラグアアンドプレイスタイルのプロジェクトを作成することもできます。さあ始めましょう。

主要機能

ボードに搭載されているMCUは、高性能なルネサスのRA4M1(Arm® Cortex®-M4)で、48MHzのクロックスピード、32kBのSRAM、256kBのフラッシュメモリを搭載しています。このMCUは、RTCとDAC、CANバスを搭載していて、USB経由でHIDもサポートします。

UNO R4 WiFiは、Wi-Fi®/Bluetooth®接続用に、ESP32-S3も搭載してます。これは、専用ヘッダ経由で個別にプログラムすることもできます。

チートシート

このボードの全ての技術仕様のリファレンスです。追加ドキュメントへのポインタも含みます。

チートシート

5Vの動作電圧

このボードのRA4M1とGPIOは5Vで動作します。

LEDマトリックス

12x8のLEDマトリックスでのアニメーションとグラフィックスの作成方法を学びます。

ドキュメント

リアルタイムクロック

内蔵RTCで時刻と日付を記録し、アラームを設定します。

ドキュメント

デジタルアナログ変換器(DAC)

内蔵12ビットDACを使い洗練されたオーディオプロジェクトを作成します。

ドキュメント

マウス/キーボードエミュレーション(HID)

マウス/キーボードをエミュレートしゲームコントローラを作成します。

ドキュメント

入力電圧

VINピンかバレルジャックからは6-24Vを給電します。

技術仕様

Arduino® UNO R4 WiFiの技術仕様は以下の通りです。

ESPヘッダに関する注意: このボードのESP32-S3モジュールは、3.3Vで動作します。USB-C®コネクタの近くに配置されているESPヘッダは3.3V専用なので、5Vに接続してはいけません。ボードを損傷します。

Qwiicコネクタに関する注意: このボードのQwiicコネクタは、このボードの2番目のI2Cバス(IIC0)に接続されています。このコネクタは3.3V専用です。高電圧に接続するとボードを損傷します。このバスを初期化するには、Wire1.begin()を使います。

ピンから引き出せる最大電流: UNO R4シリーズでの、GPIOごとに引き出せる最大電流は8mAです。これは前バージョンよりもはるかに小さいです。この制限を超えると、ピンやボードを損傷します。

ボード名称Arduino® UNO R4 WiFi
SKUABX00087
マイクロコントローラーRenesas RA4M1 (Arm® Cortex®-M4)
無線モジュールRenesas RA4M1 (Arm® Cortex®-M4)
USBUSB-C®Programming Port
ピンデジタルI/Oピン14
アナログ入力ピン6
DAC1
PWMピン6
外部割込み2、3
通信UARTYes、1x
I2CYes、1x
SPIYes、1x
CANYes 1 CAN Bus
電源動作電圧5V(ESP32-S3は3.3V)
入力電圧(VI)6-24V
ピン毎の直流電流8mA
メモリRA4M1256 kB Flash、32 kB RAM
ESP32-S3-MINI-1-N8384 kB ROM、512 kB SRAM
サイズ68.85mm
長さ53.34mm

互換性

ソフトウェアとクラウド

以下のソフトウェアツールを使い、オンラインとオフラインで、ボードのプログラムができます。

ハードウェア

シールド

重要

ファーストステップ

クイックスタートガイド

新しいArduinoボードを始めるのに必要なすべて。

推奨ライブラリ

Wire

I2C/TWIデバイスと通信するライブラリです。

SPI SPIデバイスと通信するライブラリです。Arduinoボードはコントローラーデバイスです。

Servo

ArduinoボードでRCサーボモーターを制御するライブラリです。

Arduinoの基本

内蔵スケッチ例

内蔵スケッチはArduino IDEに含まれるスケッチです。基本的なArduinoコマンドを説明します。

Learn

Arduinoエコシステムに関連する興味深い生地や原理、技術を見つけてください。

言語リファレンス

Arduinoプログラミング言語は、関数と値(変数と定数)、構造の3つの主要な部分に別れます。

チュートリアル

Arduino UNO R4 WiFiのADC分解能

UNO R4 WiFiで、ADCの分解能を変更する方法を学びます。

Arduino UNO R4 WiFi CAN Bus

UNO R4 WiFiのCANバスを使い、メッセージを送信する方法を学びます。

UNO R4 WiFiチートシート

最も人気があり重要な開発ボードの4番目のリビジョンである、UNO R4 WiFiの設定方法を学習します。

Arduino UNO R4 WiFi デジタルアナログ変換器(DAC)

UNO R4 WiFiボードのDACを使い、波形を生成し、圧電素子に出力する方法を学びます。

Arduino UNO R4 WiFi EEPROM

UNO R4 WiFiのEEPROMメモリにアクセスする方法を学びます。

Arduino UNO R4 WiFiのLEDマトリックスを使う

Arduino UNO R4 WiFi内蔵のLEDマトリックスを使い始めましょう。LEDマトリックスの制御方法やアニメーションの作成、グラフィックス、さらには、ゲームの作成といった様々な技術を学びましょう。

Arduino UNO R4 WiFi リアルタイムクロック

UNO R4 WiFiのリアルタイムクロック(RTC)にアクセスする方法を学びます。

Arduino UNO R4 WiFi USB HID

UNO R4 WiFiをマウス/キーボードとして使う方法を学びます。

Arduino UNO R4 WiFiネットワーク利用例

UNO R4コアに含まれるWiFiライブラリの利用例です。

オリジナルのページ

https://docs.arduino.cc/hardware/uno-r4-wifi

最終更新日

November 12, 2023

inserted by FC2 system