Arduinoで遊ぶページ

Arduinoで遊んだ結果を残すページです。
garretlab
サンプルプログラム解説

概要

parseInt()を使い、シリアルデータから整数値を読み出します。

プログラム

定義等

/*
  Reading a serial ASCII-encoded string.

 This sketch demonstrates the Serial parseInt() function.
 It looks for an ASCII string of comma-separated values.
 It parses them into ints, and uses those to fade an RGB LED.

 Circuit: Common-Cathode RGB LED wired like so:
 * Red anode: digital pin 3
 * Green anode: digital pin 5
 * Blue anode: digital pin 6
 * Cathode : GND

 created 13 Apr 2012
 by Tom Igoe
 
 modified 14 Mar 2016
 by Arturo Guadalupi

 This example code is in the public domain.
 */

// pins for the LEDs:
const int redPin = 3;
const int greenPin = 5;
const int bluePin = 6;

const int型の変数redPinとgreenPin、bluePinを定義し、初期化します。

setup()

void setup() {
  // initialize serial:
  Serial.begin(9600);
  // make the pins outputs:
  pinMode(redPin, OUTPUT);
  pinMode(greenPin, OUTPUT);
  pinMode(bluePin, OUTPUT);

}

Serial.begin()を使って、シリアルポートを初期化します。

pinMode()で、redPinとgreenPin、bluePinを出力モードにします。

loop()

void loop() {
  // if there's any serial available, read it:
  while (Serial.available() > 0) {

    // look for the next valid integer in the incoming serial stream:
    int red = Serial.parseInt();
    // do it again:
    int green = Serial.parseInt();
    // do it again:
    int blue = Serial.parseInt();

    // look for the newline. That's the end of your
    // sentence:
    if (Serial.read() == '\n') {
      // constrain the values to 0 - 255 and invert
      // if you're using a common-cathode LED, just use "constrain(color, 0, 255);"
      red = 255 - constrain(red, 0, 255);
      green = 255 - constrain(green, 0, 255);
      blue = 255 - constrain(blue, 0, 255);

      // fade the red, green, and blue legs of the LED:
      analogWrite(redPin, red);
      analogWrite(greenPin, green);
      analogWrite(bluePin, blue);

      // print the three numbers in one string as hexadecimal:
      Serial.print(red, HEX);
      Serial.print(green, HEX);
      Serial.println(blue, HEX);
    }
  }
}

Serial.available()で、シリアル入力があるかを調べます。入力がある場合、Serial.parseInt()を使い、読み取った文字列を整数に変換し、それぞれ、redとgreen、blueに代入します。3つの数値が送られてくる想定です。数値と数値の間には整数でない文字(たとえば、「,」)が必要です。

次に読み取った文字が'\n'であれば、送られた文字列が正しいものとして以下の処理を行います。

読み取った数値を、constrain()を使って、0から255の範囲に制限し、255から引いたものをredとgreen、blueに代入します。

計算した値をanalogWrite()を使って、ピンに出力します。

最後に、Serial.print()で、シリアルコンソールに読み取った値を16進数で出力します。

バージョン

Arduino 1.8.3



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

Arduinoで遊ぶページ
Copyright © 2012 garretlab all rights reserved.
inserted by FC2 system