チュートリアル
チュートリアルの日本語訳です
UNO R4 WiFiを始める

UNO R4 WiFiボードに必要なボードパッケージをインストールするためのステップバイステップガイドです。


AUTHOR: Hannes Siebeneicher


Arduino UNO WiFiを使うには、Arduino UNO R4 Coreの一部である、UNO R4 WiFiボードパッケージをインストールする必要があります。

これをインストールするには、Arduino IDEが必要です。Arduino IDEは、Arduino Softoware Pageからダウンロードできます。このガイドでは、最新のバージョンである、IDE 2を利用します。

必要なハードウェアとソフトウェア

i
全てのArduinoボードが事前にインストールされた、Webエディタを利用することもできます。

IDEのダウンロードとインストール

  1. 最初にArduino IDEをダウンロードする必要があります。Arduino Software Pageからダウンロードできます。
  2. ローカルPCにArduino IDEをインストールします。
  3. Arduino IDEを開きます。
Arduino IDE

Arduino IDE

ボードパッケージのインストール

ボードパッケージをインストールするには、左側の「ボードマネージャ」を開きます。UNO R4 WiFiを探し、最新の(もしくは利用したい)バージョンをインストールします。

UNO R4 WiFiボードパッケージのインストール

UNO R4 WiFiボードパッケージのインストール

ボードセレクタからUNO R4 WiFiを選択することができるようになっています。この時点で、USB-C®コネクタ経由でボードをPCに接続しておく必要があります。

Arduino UNO R4 WiFiボードを選択

Arduino UNO R4 WiFiボードを選択

おめでとうございます。Arduino IDEで、UNO R4 WiFiボードのインストールに成功しました。

スケッチのコンパイルとアップロード

スケッチをコンパイルし、アップロードするには、以下を利用します。

  • チェック記号(検証)でコンパイル
  • 右矢印(書き込み)でコードのアップロード

UNO R4 WiFi向けに多くのスケッチ例が利用できます。IDEで、「ファイル > スケッチ例」と選ぶことで直接アクセスできます。これらのスケッチ例は、外部ライブラリ無しで直接利用できます。

UNO R4 WiFiボードのスケッチ例

UNO R4 WiFiボードのスケッチ例

テトリスアニメーションのスケッチ

UNO R4 WiFiには、テトリスアニメーションがプリロードされています。スケッチを上書きした後、このアニメーションを再度実行したい場合は、以下のスケッチを利用してください。

  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
 10
 11
 12
 13
 14
 15
 16
 17
 18
 19
 20
 21
 22
 23
 24
 25
 26
 27
 28
 29
 30
 31
 32
 33
 34
 35
 36
 37
 38
 39
 40
 41
 42
 43
 44
 45
 46
 47
 48
 49
 50
 51
 52
 53
 54
 55
 56
 57
 58
 59
 60
 61
 62
 63
 64
 65
 66
 67
 68
 69
 70
 71
 72
 73
 74
 75
 76
 77
 78
 79
 80
 81
 82
 83
 84
 85
 86
 87
 88
 89
 90
 91
 92
 93
 94
 95
 96
 97
 98
 99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303
304
305
306
307
308
309
310
311
312
313
314
315
316
317
318
319
320
321
322
323
324
325
326
327
328
329
330
331
332
333
334
335
336
337
338
339
340
341
342
343
344
345
346
347
348
349
350
351
352
353
354
355
356
357
358
359
360
361
362
363
364
365
366
367
368
369
370
371
372
373
#include "Arduino_LED_Matrix.h"
#include <stdint.h>

ArduinoLEDMatrix matrix;

const uint32_t frames[][4] = {
  {
    0xe0000000,
    0x0,
    0x0,
    66
  },
  {
    0x400e0000,
    0x0,
    0x0,
    66
  },
  {
    0x400e0,
    0x0,
    0x0,
    66
  },
  {
    0x40,
    0xe000000,
    0x0,
    66
  },
  {
    0x3000000,
    0x400e000,
    0x0,
    66
  },
  {
    0x3003000,
    0x400e,
    0x0,
    66
  },
  {
    0x3003,
    0x4,
    0xe00000,
    66
  },
  {
    0x3,
    0x300000,
    0x400e00,
    66
  },
  {
    0x0,
    0x300300,
    0x400e00,
    66
  },
  {
    0x1c000000,
    0x300,
    0x30400e00,
    66
  },
  {
    0x401c000,
    0x0,
    0x30430e00,
    66
  },
  {
    0x401c,
    0x0,
    0x430e30,
    66
  },
  {
    0x4,
    0x1c00000,
    0x430e30,
    66
  },
  {
    0x0,
    0x401c00,
    0x430e30,
    66
  },
  {
    0x800000,
    0x401,
    0xc0430e30,
    66
  },
  {
    0x800800,
    0x0,
    0x405f0e30,
    66
  },
  {
    0x800800,
    0x80000000,
    0x470ff0,
    66
  },
  {
    0x800800,
    0x80080000,
    0x470ff0,
    66
  },
  {
    0x800,
    0x80080080,
    0x470ff0,
    66
  },
  {
    0x38000000,
    0x80080080,
    0x8470ff0,
    66
  },
  {
    0x10038000,
    0x80080,
    0x8478ff0,
    66
  },
  {
    0x10038,
    0x80,
    0x8478ff8,
    66
  },
  {
    0x700010,
    0x3800080,
    0x8478ff8,
    66
  },
  {
    0x400700,
    0x1003880,
    0x8478ff8,
    66
  },
  {
    0x400,
    0x70001083,
    0x88478ff8,
    66
  },
  {
    0xf000000,
    0x40070081,
    0x87f8ff8,
    66
  },
  {
    0xf000,
    0x400f1,
    0x87f8ff8,
    66
  },
  {
    0x8000000f,
    0xc1,
    0xf7f8ff8,
    66
  },
  {
    0xc0080000,
    0xf00081,
    0xc7ffff8,
    66
  },
  {
    0x400c0080,
    0xf81,
    0x87fcfff,
    66
  },
  {
    0x3400c0,
    0x8000081,
    0xf87fcfff,
    66
  },
  {
    0x20200340,
    0xc008081,
    0xf87fcfff,
    66
  },
  {
    0x38220200,
    0x3400c089,
    0xf87fcfff,
    66
  },
  {
    0x38220,
    0x2003408d,
    0xf8ffcfff,
    66
  },
  {
    0x86100038,
    0x220240bd,
    0xf8ffcfff,
    66
  },
  {
    0xec186100,
    0x38260ad,
    0xfbffcfff,
    66
  },
  {
    0x3ec186,
    0x100078af,
    0xfaffffff,
    66
  },
  {
    0x114003ec,
    0x186178af,
    0xfaffffff,
    66
  },
  {
    0x3b411400,
    0x3ec1febf,
    0xfaffffff,
    66
  },
  {
    0x143b411,
    0x4ec3febf,
    0xfbffffff,
    66
  },
  {
    0xc040143b,
    0x4fd7febf,
    0xfbffffff,
    66
  },
  {
    0xc60c0439,
    0x4ff7ffff,
    0xfbffffff,
    66
  },
  {
    0x33c60f9,
    0x4ff7ffff,
    0xffffffff,
    66
  },
  {
    0x3cbc33ff,
    0x4ff7ffff,
    0xffffffff,
    66
  },
  {
    0x8ffbff,
    0x7ff7ffff,
    0xffffffff,
    66
  },
  {
    0xf0cffbff,
    0xfff7ffff,
    0xffffffff,
    66
  },
  {
    0xfe1fffff,
    0xffffffff,
    0xffffffff,
    66
  },
  {
    0xffffffff,
    0xffffffff,
    0xffffffff,
    66
  },
  {
    0x7fffffff,
    0xffffffff,
    0xfffff7ff,
    66
  },
  {
    0x3fe7ffff,
    0xffffffff,
    0xff7ff3fe,
    66
  },
  {
    0x1fc3fe7f,
    0xfffffff7,
    0xff3fe1fc,
    66
  },
  {
    0xf81fc3f,
    0xe7ff7ff3,
    0xfe1fc0f8,
    66
  },
  {
    0x500f81f,
    0xc3fe3fe1,
    0xfc0f8070,
    66
  },
  {
    0x500f,
    0x81fc1fc0,
    0xf8070020,
    66
  },
  {
    0x5,
    0xf80f80,
    0x70020000,
    66
  },
  {
    0x5,
    0xa80880,
    0x50020000,
    600
  },
  {
    0xd812,
    0x41040880,
    0x50020000,
    200
  },
  {
    0x5,
    0xa80880,
    0x50020000,
    0xFFFFFFFF
  }
};

void setup() {
  Serial.begin(115200);
  // you can also load frames at runtime, without stopping the refresh
  matrix.loadSequence(frames);
  matrix.begin();
  // turn on autoscroll to avoid calling next() to show the next frame; the parameter is in milliseconds
  // matrix.autoscroll(300);
  matrix.play(true);
  pinMode(LED_BUILTIN, OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(LED_BUILTIN, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(LED_BUILTIN, LOW);
  delay(1000);
}

まとめ

このチュートリアルでは、Arduino IDEを使って、UNO R4 WIFiボードパッケージをインストールしました。

UNO R4 WiFiボードパッケージに関する課題があれば、Arduino UNO R4 Coreを参照してください。

オリジナルのページ

https://docs.arduino.cc/tutorials/uno-r4-wifi/r4-wifi-getting-started

最終更新日

November 12, 2023

inserted by FC2 system