Arduinoで遊ぶページ

Arduinoで遊んだ結果を残すページです。
garretlab
Arduinoメモ

はじめに

Arduino等に関して気になったページをメモしていくページです。リンク切れの可能性もあるので注意してください。

日付はこのページに追記した日です。参照先のページが書かれた日ではありません。

Arduino メモ

2017-11-13

Arduinoゲーム機の電子工作キット「MAKERbuino」が販売中

半田ごてで組み立てるCircuitMessのArduinoゲーム機「MAKERbuino」が秋月電子通商で販売中だ。Gamebuinoとの完全な互換性があるという。

本家のサイトはこちら

秋月電子通商では、8月から販売されていた模様。

2017-11-10

Linux support comes to Arduino Create

What this means is that users are now able to program their Linux devices as if they were regular Arduinos.

Linuxデバイスを、通常のArduinoのように制御できるとのことです。

2017-11-08

5分でセンサ環境を構築できる Arduino拡張ボード「SensorShield-EVK-002」を販売開始

ローム株式会社(本社:京都市)は、ArduinoやLazurite、mbed*1などのオープンプラットフォーム*2(汎用マイコンボード)で加速度、気圧、地磁気、脈波など8種類の情報を簡単に測定できるセンサシールド(拡張ボード)「SensorShield-EVK-002」を開発、インターネットでの販売を開始します。

8種類のボードで、9種類のセンサのようです一つのセンサは、。照度近接センサと書いてあります。

2017-10-22

Windows 10ベースで利用できるArduino対応シングルボードコンピュータ

Windows10ベースのPCとして利用でき、Arduinoの互換ボードを同一ボード上に搭載。Arduinoを利用した電子工作やIoTなど、Windows PCとArduinoを複合的に利用した運用が可能となっている。従来モデルは無線機能の技術適合が日本の規格に合っていなかったが、この問題を2017年9月に解消。日本でもWi-FiやBluetoothを利用できる環境が整い、発売となった。

秋月電子通商のページによると、かなり発熱するそうです。

2017-10-12

Be among the first to try the Arduino IDE 1.9 Beta

Arduino 1.9 Betaが出ています。BETA BUILDSとして、ARDUINO SOFTWAREのページに登場しています。

いろいろ機能追加があるようです。

A short curated list of the beta branch’s improvements over the latest 1.8.x IDE:

    Initial support for autocompletion (activate it using CTRL+space)
        Attention: Launching for the first time is quite slow and will freeze the UI. Don’t worry, simply wait for it to unstick.
    Initial work on daemonized builder (using file watchers, will be able to spot if compilation can be avoided, partially or totally).
    AVR core has been moved to its own repo.
    Tabs are scrollable. 🙂
    The serial monitor is html-aware and clickable (if steady).
    Initial work on Library dependencies UI.
    Initial work on Hi-DPI support on Linux.
    Find/replace window is always on top of its own editor window.
    Library/Board manager show buttons on mouseover.

2017-10-07

Arduino announces Arm partnership

ARMと提携のようです。

Arm recognized independence as a core value of Arduino. This was very important for us, as it meant full understanding of our need to work with multiple silicon vendors and architectures as long as they make sense for Arduino—without any lock-in with the Arm architecture.

ARMにはロックインされないそうです。

2017-10-03

ARDUINO 1.8.5

Arduino 1.8.5がリリースされました。バグ修正のリリースです。

[ide]

  • MacOS 10.13 betaでの、メニューが表示されない(?)バグの回避策を追加。
  • フォントサイズをマイナス値にした時のバグを修正。
  • 新規タブ・名前を変更で、数字から始まる名前を許容。

2017-09-26

ArduinoがLoRa、セルラー通信に対応した2つの新型ボードを発表

ニューヨークのWorld Maker Faireにおいて、Massimo Banziがステージに立ち、新しいArduinoボード2機種を発表した。1つはLoRa(長距離無線通信)に対応したMKR WAN 1300、もう1つは、セルラー通信に対応したMKR GSM 1400だ。

本家での紹介記事はこちら

2017-09-02

An Arduino machine for solving LEGO mazes

Maker Tim Bush has connected the completed set to a pair of motors (which are also official LEGO pieces). These motors are hooked up to an Arduino Uno which can then be controlled using a USB NES controller.

LEGOの迷路を操作するためのコントローラです。自動で動かすのではなく、ファミコンのコントローラを使って動かすようです。

NESは、Nintendo Entertainment Systemの略で、北米などで販売されたファミコンのことらしいです。

2017-08-29

ロボットアームがテキストを手話に変換--ベルギーのプロジェクト

プロジェクトは今のところ、テキストを手話の動きに変換できるロボットアームを3Dプリントで作成している段階だ。このロボットアームには、3Dプリントで作成した25個のパーツ、16基のサーボモーターと3基のモーターコントローラ、頭脳としてArduino Dueが搭載されている。

趣味のプロトタイピングの域を超えている気がします。

2017-08-25

次の IoT プロジェクトに最適なハードウェアを選択する

新しい IoT ソリューションを開発する際は、ハードウェアおよびソフトウェアのコンポーネントを設計してプロトタイピングし、フィードバックと評価のプロセスを繰り返して改良していくことになります。このプロトタイピングと改良のプロセスを活性化するのに役立つのが、Arduino や Raspberry Pi などの電子ホビースト向けハードウェア・プラットフォームです。なぜなら、これらのハードウェア・プラットフォームはすぐに利用できること、そして設計を繰り返すごとにプリント回路基板 (PCB) をカスタマイズして製造するよりも投資にかかる費用が少ないことにあります。

プロトタイピング向きということですね。

2017-08-23

ARDUINO 1.8.4

Arduino 1.8.4がリリースされました。

リリースノートの簡単な翻訳です。

[ide]

  • IDEのツールバーが、4Kディスプレイの全幅に対応した。
  • 環境変数LIBRARY_INDEX_URLが、正しくパースされます。LIBRARY_INDEX_URL_GZもオプションとして指定できる。
  • boards.txtでボードごとの汎用オプションが指定できるようになり、dtr+rtsを無効にすることができるようになった。
  • CLI: --boardオプションなしで実行したときに、runtime.platform.pathがなくなる問題を解決。
  • Linux: 特定のウインドウマネージャで、デスクトップアイコンでIDEが起動しない問題を解決。
  • コンソールのサイズで、小さい値も設定できるようにした(preferences.txtで、console.lines=xが正しく動作するようにした)。
  • Preferenceウインドウを、縦600ピクセルのディスプレイに適応した。
  • 保存されていない、新しく追加されたファイル名の変更に関するエラーを修正。
  • キーボードとマウスを使って、フォントサイズを変更できるようにした。Ctrl+マウスホイールで変更可能。
  • 数字で始まるスケッチ名を利用できるようにした。
  • マルチモニタ設定を変更したときにシリアルモニタがデフォルトの位置に表示されるようにした。表示対象外の位置にシリアルモニタを開いたときの問題に対応しているはず。

[libraries]

  • "Adafruit Circuit Playground"ライブラリのフォルダ名が間違っていたのを修正。これにより、ライブラリの更新が正しく行われる。
  • "RobotIRRemote"のインクルードが正しく行われるようにした。IRRemoteとの干渉がなくなった。

2017-08-16

Androidスマホに直挿しできる開発ボード「Waffle」が店頭販売中

Waffleは、ArduinoをベースとしたAndroidアプリ開発者向けボード。基板にはMicro USBコネクタが付いており、Androidを搭載したスマートフォンやタブレットなどの端末に直に接続して使用する。

ややこしいですが、Arduinoベースのボードを、Android端末に接続して、スマホから使うボードです。

調べてみたら、今年の3月にクラウドファンディングで目標額を達成したプロジェクトのようです。

2017-08-07

これが最終型? 回転で文字が浮き出る、アルドゥイーノ搭載3Dプリント自作ハンドスピナー

3Dプリンターで成形し、アルドゥイーノを内蔵させ回転と同時に光のメッセージを映し出すクールなスピナーをご覧いただきましょう。

かっこいいです。

動画をロードするときのアイコンもハンドスピナー。

2017-08-05

ソニー、Maker FaireでGPS付きマイコンボードを初公開、ロゴ入りバッグを400個無料配布

ソニーセミコンダクタソリューションズは、GPSやハイレゾ対応のオーディオ機能を備えた低消費電力マイコン「SPRITZER」(CXD5602)を搭載した超小型マイコンボードを開発。2017年8月5~6日に東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo」で初めて披露する。

正確には、「ソニーセミコンダクタソリューションズ」のようです。

さらにオープンソースで設計が公開され、電子工作などの用途に幅広く使われているマイコンボード「Arduino」と同サイズにする親基板を用意。組み合わせると電源やSDカードスロット、オーディオの入出力端子が使えるようになるほか、Arduinoの拡張ボードである「シールド」が接続できるようになる。

公式の概要紹介ページもあり、仕様も書いてあります。

CPU ARM® Cortex®-M4F ×6

と書いてあります。

アーカイブ

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月


メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

Arduinoで遊ぶページ
Copyright © 2017 garretlab all rights reserved.
inserted by FC2 system