Intel Edison APIリファレンス

garretlab
mraa_gpio_dir()

名称

mraa_gpio_dir()

説明

GPIOピンの入力として利用するか出力として利用するかを設定します。

書式

mraa_result_t mraa_gpio_dir(mraa_gpio_context dev, mraa_gpio_dir_t dir);

引数

dev GPIOのコンテキスト。mraa_gpio_init()で作成します。
mode 入出力モード。次の4つが指定できます。
 MRAA_GPIO_OUT:GPIOを出力モードにします。
 MRAA_GPIO_IN:GPIOを入力モードにします。
 MRAA_GPIO_OUT_HIGH:GPIOを出力モードにし、初期値をHIGHにします。
 MRAA_GPIO_OUT_LOW:GPIOを出力モードにし、初期値をLOWにします。

戻り値

呼出に成功したときは、MRAA_SUCCESSが返却されます。

呼出が失敗したときは、MRAA_SUCCESS以外が返却されます。

使用例

#include <mraa.h>

int main() {

        mraa_gpio_context pin;
        mraa_result_t result;

        if ((pin = mraa_gpio_init(13)) == NULL) {
                fprintf(stderr, "mraa_gpio_init() failed.\n");
                return EXIT_FAILURE;
        }

        result = mraa_gpio_dir(pin, MRAA_GPIO_IN);
        mraa_result_print(result);

        result = mraa_gpio_mode(pin, MRAA_GPIO_PULLUP);
        mraa_result_print(result);

        return EXIT_SUCCESS;
}

その他

特になし。

バージョン

MRAA 0.7.3



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

Intel Edisonで遊ぶページ
Copyright © 2015 garretlab all rights reserved.
inserted by FC2 system