Arduinoリファレンス
Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
TFT

TFTライブラリはArduino IDE 1.0.5以降に付属する。

このライブラリを使うと、ArduinoボードとArduino TFT LCD screenが通信することができる。スクリーンに線や画像、テキストなどの表示プロセスを簡易化することができる。

Arduino TFTライブラリはAdafruit GFXAdafruit ST7735ライブラリを拡張している。GFXライブラリは描画ルーチンで、ST7735ライブラリはArduino TFTのスクリーンを制御する。Arduino用の拡張は、できるだけProcessing APIに似せている。

ボード上にはSDカードスロットがあり、SDライブラリを用いることで利用できる。

TFTライブラリは、スクリーンやSDカードとの通信にSPIライブラリを使っているので、すべてのスケッチでインクルードする必要がある。

このライブラリを使うためには、以下を宣言する。

#include <SPI.h> 
#include <TFT.h>

ライブラリの利用

スクリーンを利用するには2つの設定方法がある。一つはArduinoのハードウェアSPIインタフェースを利用する方法で、もう一つは、全てのピンを手動で指定する方法である。2つの利用方法による機能面での差分はないが、ハードウェアSPIを使う方が大幅に高速である。

TFTモジュール上のSDカードを使う場合は、ハードウェアSPIを利用する必要がある。全てのライブラリの例題ではハードウェアSPIを理容師ている。

UnoでハードウェアSPIを使うときは、CSとDC、RESETピンだけを宣言する。MOSI(11番ピン)とSCLK(13番ピン)は既に定義されている。

1
2
3
4
5
#define CS   10
#define DC   9
#define RESET  8

TFT myScreen = TFT(CS, DC, RESET);

LeonardでハードウェアSPIを使うときは、以下のようにピンを宣言する。

1
2
3
4
5
#define CS   7
#define DC   0
#define RESET  1

TFT myScreen = TFT(CS, DC, RESET);

ハードウェアSPIを利用しない場合は、任意の利用可能なピンを使うことができる。このときは、CSとCD、RESET以外に、MOSIとSCLKも宣言しなければならない。

1
2
3
4
5
6
7
#define SCLK 4
#define MOSI 5
#define CS   6
#define DC   7
#define RESET 8

TFT myScreen = TFT(CS, DC, MOSI, SCLK, RESET);

Arduino EsploraとTFTライブラリを使う

Arduino EsploraにはTFT用に設計されたソケットがあるり、スクリーン用に利用するピンは固定されているので、Esplora専用のオブジェクトが作成される。この場合は、EsploraTFTというオブジェクトを通して、Esploraに接続したスクリーンを参照することができる。

Processingとの類似性

Processingは、デザイナやアーティスト、学生などが利用するオープンソースソフトウェア環境である。Processingの主な出力は、PCやブラウザ上のグラフィックウインドウである。ProcessingとTFT間の移行をスムーズに行うため、図形やテキストの表示のためのプリミティブは、できるだけProcessinに似せて作ってある。

TFT
TFTスクリーンに描画するための基底クラス(コンストラクタ)。
Arduino Esploraボードを使うときに生成される、TFTクラスのインスタンスの名称。
Arduino GLCDスクリーンを初期化する。
LCDに表示されているすべてのものを、指定した色で塗りつぶす。
線や図形の枠線の色を設定する。
表示される図形の枠線の色を消す。
図形や文字の色を設定する。
表示される図形の塗りつぶしの色を消す。
スクリーン上の、指定した座標に文字列を書く。
文字列のサイズを設定する。
指定した座標に点を描く。
2点間に直線を描く。
長方形を描く。
TFTスクリーンの幅をピクセル単位で調べる。
TFTスクリーンの高さをピクセル単位で調べる。
TFTスクリーンに円を描く。
TFTスクリーン上の指定した位置に、SDカードに格納されているイメージを描く。
SDカード上のビットマップイメージを描画するための基底クラス。
SDカード上のビットマップイメージを描画するための基底クラス。
PImageオブジェクトの高さを調べる。
PImageオブジェクトの幅を調べる。
PImageのインスタンスが有効なビットマップファイルを参照しているか調べる。

プログラム例

TFTの例には2つのグループがある。一つはArduino Esplora用の例で、もう一つは、UnoとLeonard用の例である。ライブラリの使い方と機能を理解すれば、移植は簡単である。

Arduino

  • TFT Bitmap Logo:マイクロSDカードからイメージファイルを読み込み、ランダムな位置に表示する。
  • TFT Color Picker:3つのセンサを使い、TFTスクリーンの色を変える。
  • TFT Display Text:センサの値を読み込み、スクリーン上に表示する。
  • TFT Etch a Sketch:Etch-a-SketchのArduino版。
  • TFT Graph:可変抵抗からの値をTFT上にグラフ表示する。
  • TFT Pong:古典的なゲームのArduinoでの実装

Esplora

TFTスクリーンに関する追加情報は、Getting Started PageHardware Pageを参照すること。

オリジナルのページ

https://www.arduino.cc/en/Reference/TFTLibrary

inserted by FC2 system