Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
sizeof

説明

sizeof演算子は変数の型の大きさ(バイト数)、もしくは、配列が占める総バイト数を返却する。

書式

sizeof(variable)

引数

variable 任意の型、配列

使用例

sizeof演算子は、プログラムの他の部分は変更せずに、配列の大きさ変更するのが容易なので、文字列のような配列を扱うときに便利である。

このプログラムは、一度に一文字ずつ表示する。myStrの文字列を変更しても、プログラムの他の部分を変更する必要はない。

char myStr[] = "this is a test";
int i;

void setup(){
  Serial.begin(9600);
}

void loop() { 
  for (i = 0; i < sizeof(myStr) - 1; i++){
    Serial.print(i, DEC);
    Serial.print(" = ");
    Serial.write(myStr[i]);
    Serial.println();
  }
  delay(5000); // slow down the program
}

sizeof演算子はバイト数の合計を返す。intのような大きな型の場合は、以下のようにforループを記述する。適切に整形された文字列はNULL(値は0)シンボルで終了することにも注意すること。

for (i = 0; i < (sizeof(myInts)/sizeof(int)) - 1; i++) {
  // do something with myInts[i]
}

バージョン

Arduino 1.8.5

オリジナルのページ

https://www.arduino.cc/en/Reference/Sizeof



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system