Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
float

float

floatは、小数点以下の数値を表すことのできる、浮動小数点型である。浮動小数点は、整数よりも分解能が高いので、アナログ値や連続した値の近似に用いられる。浮動小数点型は、-3.4028235E+38から3.4028235E+38からまでを表すことができ、4バイト(32ビット)を占める。

floatは6から7桁の精度しか持たない。これは、小数点以下ではなく、数値全体の精度である。他のプラットフォームでは、doubleを使うことで、より精度を高めることができる(15桁まで)ことができるが、Arduinoでは、doubleはfloatと同じ大きさである。

浮動小数は正確ではないので、比較を行うと予期しない結果を生じることがある。例えば、6.0/3.0は2.0ではないかもしれない。このため、比較の際には、二つの数の絶対値の差がある範囲内に収まっているかどうかを確認する必要がある。

浮動小数演算は整数演算よりも計算速度が遅いので、タイミングが非常に重要で最高速度でループを繰り返す必要があるような場合は、利用を避ける必要がある。計算速度を上げるために、浮動小数演算を整数演算にすることに、プログラマは労を惜しまないことがよくある。

浮動小数点演算を行う場合は、小数点を記述すること。そうしない場合、intとして取り扱われてしまう。

float myfloat;
float sensorCalbrate = 1.117;

int x;
int y;
float z;

x = 1;
y = x / 2;            // intは小数点以下を保持できないので、yは0である。
z = (float)x / 2.0;   // zは0.5である。2ではなく2.0を使う必要がある。

書式

float var = val;

var float型の変数名
val その変数に代入する値

バージョン

Arduino 1.8.5

オリジナルのページ

https://www.arduino.cc/en/Reference/Float



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system