Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
return

名称

return

説明

関数を終了し、必要ならば、呼び元の関数に値を返す。

書式

return;

return 式;

使用例

センサーからの入力と閾値とを比較する関数。

int checkSensor(){       
    if (analogRead(0) > 400) {
        return 1;
    else{
        return 0;
    }
}

バグを含む多くのコードをコメントアウトせずにテストするときにも簡単に利用できる。

void loop(){

// 素晴らしいコードのアイデアをここで試す。

return;

// 残りのうまく動かないスケッチ
// この部分のコードは実行されない。
}

バージョン

Arduino 1.8.5

オリジナルのページ

https://www.arduino.cc/en/Reference/Return



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system