Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
言語リファレンス

はじめに

Arduino 1.8.3のリファレンスの日本語訳です。

できるだけわかりやすくするために、修正や追加、削除が伴うことがあります(訳しづらいところを省いたりとかも…)。変更したところには、原則、訳者註を入れていくつもりですが、入らないところもあるので、あやしいと思ったら、原文を参照してください。

言語リファレンス

Arduinoプログラムの仕様は、構造(structure)と値(values)、関数(functions)に大別できます。また、値は、変数(variables)と定数(constants)から構成されます。以下にそれぞれの一覧を示します。

(訳者註)関数に分類されているものの中には、実際には関数ではなく、マクロとして実装されているものもあります。また、値に関しては、値というよりは、変数や型に関する説明となっています。

 
 


メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system