Arduinoリファレンス
Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
マウス

説明

マウス関数を使うことで、32u4やSAMDベースのボードで、マイコンのネイティブUSBポートを通じて、接続しているPCにマウスカーソルの動きを制御することができる。カーソル位置を更新する場合は、常に直前の位置からの相対位置を指定する。

注意

これらのコアライブラリにより32u4とSAMDベースのボード(Leonardo, Esplora, Zero, Due and MKR Family)が、接続しているPCのネイティブなキーボードとして現れる。

マウスとキーボードライブラリを使う際の注意: マウスやキーボードライブラリが常に動作していたら、ボードのプログラミングは難しくなる。Mouse.move()Keyboard.print()のような関数はマウスカーソルを動かしたり、接続したPCにキーストロークを送信したりするので、プログラムが適切に使えるようになってから動かすべきである。物理スイッチや制御可能な特定の入力にだけ反応するような制御システムにより、この機能を利用できるようにする仕組みを利用することを推奨する。

マウス・キーボードライブラリを使うときは、最初にSerial.print()を使って出力をテストするのが最適である。これにより、どのような値が送信されるのかがわかる。これらを操作するために、マウス・キーボードの例を参照すること。

訳者註

Mouseは、C++の変数(オブジェクト)として、あらかじめ定義されているので、ユーザが定義する必要はありません。

各関数の説明中の「書式」は、オリジナルページの説明と異なり、C++言語の関数(メソッド)定義を記述しています。

オリジナルページの記述例: Mouse.begin()
このウェブページでの記述例: void Mouse::begin();

実際にスケッチを書く際は注意してください。

マウス
接続したPCのマウスのエミュレーションを開始する。
マウスカーソルのある位置で、マウスクリックを送信する。
接続したPCのマウスのエミュレーションを終了する。
接続したPCのマウスカーソルを動かす。
PCにマウス押下を送信する。
全てのマウスボタンの現在の状態を調べ、押されているのかそうでないのかを調べる。
前に押されたボタンを離すためのメッセージを送信する。
inserted by FC2 system