Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
write()

名称

write()

説明

接続しているPCにキーストロークを送信する。この関数はキーボードのキーを押して離すのと似ている。ASCII文字やキーボード修飾キー、特殊キーを送信することができる。

キーボードにあるASCII文字だけをサポートしている。例えば、ASCII 8(バックスペース)は動作する。しかし、ASCII 25(置き換え文字)は動作しない。(訳者註:ASCII 25は媒体終端で、ASCII 26が置き換え文字)。

大文字を送るときは、キーボードをタイプするのと同じように、Keyboard.write()はシフトコマンドと文字を送信する。数値を送信すると、ASCII文字を送信する。つまり、Keyboard.write(97)は'a'を送信する。

ASCII文字の完全なリストは、ASCIITable.comを参照。

注意:Keyboard.write()コマンドを使うと、Arduinoはキーボードを横取りする。このコマンドを使う前に制御可能であることを確認すること。マウス制御状態をトグルする押しボタンを使うのが効果がある。

書式

size_t Keyboard_::write(uint8_t c)

引数

c 送信する文字。

char型として受付可能な表記であれば何でもいい。例えば、以下の表記はすべて利用可能で、65もしくはASCII Aを送信する。

Keyboard.write(65);         // sends ASCII value 65, or A
Keyboard.write('A');            // same thing as a quoted character
Keyboard.write(0x41);       // same thing in hexadecimal
Keyboard.write(0b01000001); // same thing in binary (weird choice, but it works)

戻り値

送信したバイト数。

使用例

void setup() {
  // 2番ピンを入力にし、プルアップ抵抗を有効にする。これにより、接地しない限りHIGHになる。
  pinMode(2, INPUT_PULLUP);
  Keyboard.begin();
}

void loop() {
  //ボタンが押されたら
  if(digitalRead(2)==LOW){
    //ASCIIの'A'を送信する。
    Keyboard.write(65);
  }
}

バージョン

Arduino 1.8.4



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system