Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
press()

名称

press()

説明

呼ばれると、Keyboard.press()は、キーボードが押され続けているように機能する。修飾キーとともに使うと有用である。押下状態を終えるには、Keyboard.release()もしくはKeyboard.releaseAll()を利用する。

Keyboard.press()を使う前に、Keyboard.begin()を呼ぶ必要がある。

書式

size_t Keyboard_::press(uint8_t k)

引数

k 押すキー

戻り値

なし

注意

特になし

使用例

// OSX用にこのオプションを使う
char ctrlKey = KEY_LEFT_GUI;
// WindowsとLinuxはこちらのオプションを使う
//  char ctrlKey = KEY_LEFT_CTRL;  

void setup() {
  //  2番ピンを入力にし、プルアップ抵抗を有効にする。これにより、接地しない限りHIGHになる。
  pinMode(2, INPUT_PULLUP);
  // キーボードの制御を初期化する。
  Keyboard.begin();
}

void loop() {
  while (digitalRead(2) == HIGH) {
    // 2番ピンがLOWになるまで何もしない。
    delay(500);
  }
  delay(1000);
  // 新しいドキュメント
  Keyboard.press(ctrlKey);
  Keyboard.press('n');
  delay(100);
  Keyboard.releaseAll();
  // 新しいウインドウが開くのを待つ
  delay(1000);
}

バージョン

Arduino 1.8.4



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system