Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
analogRead()

名称

analogRead()

説明

指定したアナログピンから値を読み取る。Arduinoボードは6チャンネル(MiniとNanoは8チャンネル、Megaは16チャンネル)、10ビットのアナログ-デジタル変換機を搭載している。これにより、0Vから5Vの入力電圧を、0から1023の整数値に変換する。読み取り精度は、5/1024Vもしくは、0.0049V(4.9mV)となる。入力電圧の範囲と精度はanalogReference()を使うことで変更できる。

アナログ入力を読み取るのに100マイクロ秒(0.0001秒)かかる。このため、1秒間に最大10000回値を読み取ることができる。

書式

int analogRead(uint8_t pin);

引数

pin 読み取りに利用するアナログ入力ピンの番号。ほとんどのボードでは0から5、MiniとNanoでは、0から7、Megaでは、0から15。

戻り値

0から1023までの整数

注意

アナログ入力ピンに何も接続されていないとき、analogRead()が返却する値は、種々の要因(他のアナログ入力の値、手とボードとの距離等)によって変動する。

使用例

int analogPin = 3;     // 可変抵抗(の中央の端子)をアナログピンの3番につなぐ
                       // 両端の端子は0Vと5Vにつなぐ
int val = 0;           // 読み取った値を格納する変数

void setup()
{
  Serial.begin(9600);          //  シリアルポートを設定
}

void loop()
{
  val = analogRead(analogPin);    // アナログ入力ピンを読み取る
  Serial.println(val);             // デバグ用に値を出力する
}

訳者註

アナログピンの番号は0から5までの数字以外に、A0からA5という変数を使うこともできます。A0は、(Arduino Unoの場合)14と定義されていますが、analogRead()の最初に、ピン番号が14以上のときは14を引くという処理が入っているので、特に問題なく動作します。

バージョン

Arduino 1.8.5

実装の解析

analogRead()



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system