Arduinoで遊ぶページ
Arduinoで遊んだ結果を残すページです
TFTタッチシールド
UNO

概要

Adafruitの2.8” TFT Touch Shield for Arduino with Resistive Touch Screenを使った実験です。この実験はArduino Unoを接続したものです。ESP-WROOM-32接続した実験はこちら

ライブラリのインストール

製造元のAdafruitがライブラリを配布しています。デフォルトでは、このタッチシールド用のライブラリはインストールされていないので、インストールします。

TFT液晶用のライブラリと、タッチセンサ用のライブラリをそれぞれインストールします。

TFT液晶用ライブラリは、「Adafruit ILI9341」です。また、タッチセンサ用ライブラリは、「Adafruit STMPE610」です。

Arduinoソフトウェアを立ち上げて、上部のメニューから、「スケッチ > ライブラリをインクルード > ライブラリを管理」を選択すると、ライブラリマネージャが起動します。その後、上記のライブラリを探して、クリックすると、「インストール」というボタンが出てくるので、クリックしてインストールします。

ライブラリマネージャが起動します。ライブラリの数が大変多いので、ILI9341等で絞り込みます。インストールしたいライブラリを選択すると、インストールというボタンが出てくるので、クリックします。

インストールが完了すると、ライブラリ名の横に、バージョン番号と、「INSTALLED」が表示されます。

同じ要領で、「Adafruit STMPE610」もインストールします。

実験

接続

本機はシールドなので、Arduino Unoに差し込むだけです。

スケッチ例

Arduinoソフトウェアから、「ファイル > スケッチ例 > Adafruit ILI9341」とたどっていき、適当なスケッチを選択します。私は、TFT液晶もタッチセンサも両方利用できるtouchpaintを利用してみました。

なお、_featherwing が名前の後ろについているスケッチ例は、ピン定義が少し異なるので、そのままでは動きませんでした。

バージョン

Hardware:Arduino Uno
Software:Arduino 1.8.4

最終更新日

June 20, 2020

inserted by FC2 system