Arduinoで遊ぶページ

Arduinoで遊んだ結果を残すページです。
garretlab
内蔵ホールセンサーの実験(ESP-WROOM-32)

概要

Arduino core for the ESP32を使った、ESP-WROOM-32開発ボードの内蔵ホールセンサーについての実験です。

Arduino core for the ESP32のインストールのページはこちら

実験

Arduino core for the ESP32には、hallRead()という関数が定義されています。

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
  Serial.begin(115200);
}

void loop() {
  // put your main code here, to run repeatedly:
  Serial.printf("hallRead() = %d\n", hallRead());
  delay(1000);
}

上記のスケッチを実行した結果です。

磁石の状態と値の関係は以下の通りです。CPUに磁石を接触させました。

磁石の状態
何もしていない状態 30付近
N極を近づけた状態 負の値
S局を近づけた状態 70付近

バージョン

Arduino 1.8.3/Arduino core for the ESP32/ESP-WROOM-32



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

Arduinoで遊ぶページ
Copyright © 2017 garretlab all rights reserved.
inserted by FC2 system