Arduinoで遊ぶページ

Arduinoで遊んだ結果を残すページです。
garretlab
Arduino core for the ESP32のインストール

概略

Arduinoソフトウェア(IDE)からESP-WROOM-32を操作するための、追加ソフトウェアをインストールする方法です。Espressif Systemsが提供している、Arduino core for the ESP32を利用します。ここでは、Windows10(64ビット版)にインストールする場合の操作を紹介します。基本的には、https://github.com/espressif/arduino-esp32/blob/master/doc/windows.md の通りに操作した内容の記録です。

ESP-WROOM-32を、Arduinoソフトウェアから利用するには、以下のステップを踏みます。

  1. Arduinoソフトウェアのインストール
  2. Gitのインストール
  3. Arduino core for the ESP32のインストール

最後に、Lチカで動作確認をしています。

ESP-WROOM-32を使って、NTPサーバの実験RSSリーダの実験タッチセンサの実験を行いました。

インストール

Arduinoソフトウェアのインストール

Ardinoソフトウェアをインストールしていない場合は、Arduinoソフトウェアをインストールします。

Arduinoソフトウェアのインストールは、こちらのページを参照してください。

Gitのインストール

Arduino core for the ESP32は、Gitを使ってインストールします。

PCにGitをインストールしていない場合は、こちらのサイトから、必要なファイルをダウンロードしてインストールします。Windows版のダウンロードはこちらから(自動的にダウンロードが始まります)。

Gitがなくても、ファイル全体をダウンロードして、ファイル群を正しい位置に配置すれば動作します。

Arduino core for the ESP32のインストール

Git GUIを起動します。

Clone Existing Repositoryを選択します。既存のリポジトリとクローン先を入力するための画面が表示されます。

Source LocationとTarget Directoryを入力します。Target Directoryは、自身のArduinoプログラムを配置するディレクトリです。Arduinoソフトウェアをインストール後、C:/Users/[YOUR_USER_NAME]/Documents/Arduino までは作成されていると思います。hardware以下が存在しないときもそのまま入れてください。

項目
Source Location https://github.com/espressif/arduino-esp32.git
Target Directory C:/Users/[YOUR_USER_NAME]/Documents/Arduino/hardware/espressif/esp32
Recursively clone sumbodules too チェックを入れる

[YOUR_USER_NAME]は、自身のログイン名に置き換えてください。

Cloneをクリックすると、リポジトリからのクローン(コピー)が開始されます。

完了すると、以下の画面が表示されます。

次に、クローン先のC:/Users/[YOUR_USER_NAME/Documents/arduino/hardware/espressif/esp32/tools にある、get.exe を実行(ダブルクリック)します。

ESP-WROOM-32をPCに接続します。ドライバがインストールされます。最初にインストールした際にスクリーンショットをとっていないので、この部分のスクリーンショットはありません。

一度インストールした後に、最新のソフトウェアを取得するには、Gitを起動し、リポジトリを開きます。Open Recent Repositoryに表示されることが多いと思います。表示されなければ、Open Existing Repositoryからリポジトリを開きます。

その後、Remote > Fetch from > origin を選択し、最新のコードを入手した後、Merge > Local Mergeを行い、get.exeを実行します。

動作確認

Arduinoソフトウェアを利用する。

Arduinoソフトウェアを起動します。

メニューバーから、ツール > ボード を選択し、PCに接続しているボードを選択します。私は、「ESP32 Dev Module」を選択しました。

メニューバーから、ツール > シリアルポート を選択し、PCに接続しているシリアルポートを選択します。私は、「COM4」を選択しました。Arduino Unoでは見られない項目が表示されていることがわかります。

サンプルプログラムを動かす

サンプルプログラムとして、blink(Lチカ)を動かしてみます。

ファイル > スケッチ例 > 01.Basics > Blink を選択します。

ESP-WROOM-32では、LED_BUILTIN が定義されていないようなので、一行追加しました(23行目)。

マイコンボードに書き込むをクリックして、スケッチのコンパイルとアップロードを行います。

アップロード時には、ESP-WROOM-32をダウンロードできる状態にします。カッコ内は開発ボードのときの操作です。

  1. IO0をLOWにする(ブートボタンを押し続ける)
  2. ENをLOWにする(ENボタンを押す)
  3. ENをHIGHにする(ENボタンを離す)
  4. IO0をHIGHにする(ブートボタンを離す)

開発ボードを使うときは上記手順は不要のようですが、私の環境では、上記手順を実行しなくても動作するときとしないときがあり、少し不安定です。

下の画像は、13番ピンにLEDを接続して、blink を実行したときのものです。実際には点滅しています。電流の流しすぎはよくないようなので、自己責任でお願いします。

ESP-WROOM-32用のスケッチの例も追加されています(ボードを選択すると、メニューに表れます)。

例えば、WiFiScan は、アクセスポイントを検索してシリアルモニタに表示します。

バージョン

Arduino 1.8.2



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

Arduinoで遊ぶページ
Copyright © 2017 garretlab all rights reserved.
inserted by FC2 system