Arduinoで遊ぶページ

Arduinoで遊んだ結果を残すページです。
garretlab
millis()

millis()

概要

millis()は、内部で保持しているArduinoを起動してからの時間をミリ秒単位で返します。

millis()のリファレンスはこちらをご覧ください。

ソースコード

millis()は、hardware/arduino/avr/cores/arduino/wiring.c に定義されています。以下に全ソースコードを示します。

volatile unsigned long timer0_millis = 0;

unsigned long millis()
{
	unsigned long m;
	uint8_t oldSREG = SREG;

	// disable interrupts while we read timer0_millis or we might get an
	// inconsistent value (e.g. in the middle of a write to timer0_millis)
	cli();
	m = timer0_millis;
	SREG = oldSREG;

	return m;
}

millis()には、入力はありません。unsigned longを返します。

まず、状態レジスタを保存します。

unsigned long millis()
{
	unsigned long m;
	uint8_t oldSREG = SREG;

SREGは、ATMega328Pの状態レジスタです。

次に、割り込みを禁止した後、timer0_millisをmにコピーし、保存した状態レジスタをもとに戻し、mを返します。

	// disable interrupts while we read timer0_millis or we might get an
	// inconsistent value (e.g. in the middle of a write to timer0_millis)
	cli();
	m = timer0_millis;
	SREG = oldSREG;

	return m;
}

cli()は割り込みを禁止するアセンブラ命令を実行するマクロです。

timer0_millisは、Arduinoを起動してからのミリ秒を保持している変数です。この変数は、TIMER0_OVF_vectという割り込みハンドラで設定されている変数です。

timer0_millisを直接returnせずに、いったん変数mに代入しているのは、割り込みを禁止した状態でtimer0_millisのコピーを作成するためだと思われます。SREG=oldSREGとして状態レジスタをもとに戻すと、割り込みが許可される可能性があり、その後、return timer0_millis()を実行してしまうと、書き込み中のtimer0_millisにアクセスしてしまう可能性があるのではないかと思われます(コメントからの類推です)

バージョン

Arduino 1.8.5



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

Arduinoで遊ぶページ
Copyright © 2016 garretlab all rights reserved.
inserted by FC2 system