Arduinoで遊ぶページ

Arduinoで遊んだ結果を残すページです。
garretlab
サンプルプログラム解説

概要

文字列の前後の空白を削除します。

プログラム

定義等

/*
  String length() and trim()

  Examples of how to use length() and trim() in a String

  created 27 Jul 2010
  modified 2 Apr 2012
  by Tom Igoe

  This example code is in the public domain.

  http://www.arduino.cc/en/Tutorial/StringLengthTrim
*/

特に何もしていません。

setup()

void setup() {
  // Open serial communications and wait for port to open:
  Serial.begin(9600);
  while (!Serial) {
    ; // wait for serial port to connect. Needed for native USB port only
  }

  // send an intro:
  Serial.println("\n\nString length() and trim():");
  Serial.println();
}

シリアルポートの初期化を初期化します。Leonardo向けに、シリアルポートが接続されるのを待ちます。

loop()

void loop() {
  // here's a String with empty spaces at the end (called white space):
  String stringOne = "Hello!       ";
  Serial.print(stringOne);
  Serial.print("<--- end of string. Length: ");
  Serial.println(stringOne.length());

  // trim the white space off the string:
  stringOne.trim();
  Serial.print(stringOne);
  Serial.print("<--- end of trimmed string. Length: ");
  Serial.println(stringOne.length());

  // do nothing while true:
  while (true);
}

trim()を使うことで、文字列の(前)後の空白をとります。isspace()(プログラムではisspace()を使っています。こちらで出ているisSpace()と同等です)が0以外を返す文字が取り除かれます。

バージョン

Arduino 1.8.5



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

Arduinoで遊ぶページ
Copyright © 2011 garretlab all rights reserved.
inserted by FC2 system