Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
write()

名称

write()

説明

サーボに値を書き込み、シャフトの制御を行う。通常のサーボではシャフトの角度(度数法)を設定し、シャフトをその方向に動かす。連続回転サーボでは、サーボのスピードを設定する。この場合0がある方向での最大スピードで、180が逆方向への最大スピード、90付近が停止である。

書式

void Servo::write(int value)

引数

value サーボに設定する値。0から180。

戻り値

なし

注意

なし

使用例

#include <Servo.h> 

Servo myservo;

void setup() 
{ 
  myservo.attach(9);
  myservo.write(90);  // set servo to mid-point
} 

void loop() {} 

バージョン

Arduino 1.8.3



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system