fc

Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
Esplora専用ライブラリ(Esplora Only Library)

Arduino Esploraには、ボードに搭載されたセンサやアクチュエータと簡単にインターフェイスをとるための関数群がある。Esploraクラスを通じて関数は利用可能である。

ライブラリは、ボード上のセンサからのデータの簡単な読み取り手段と、出力状態の変更手段を提供する。

ボードで利用できるセンサーは以下の通り。

  • 2軸アナログジョイスティック
  • ジョイスティックのセンター押しボタン
  • 4個の押しボタン
  • マイク
  • 光センサ
  • 温度センサ
  • 3軸加速度センサ
  • 2個のTinkerKit入力端子

ボードで利用できるアクチュエータは以下の通り。

  • 明るいRGB LED
  • ピエゾブザー
  • 2個のTinkerKit出力端子

Esploraに関するさらなる情報はgetting started guidehardware pageを参照してください。

Esplora専用ライブラリ(Esplora OnlyLibrary)
Esplora
Esplora Esploraボードによって利用されるすべてのメソッドの基底クラスである。
readSlider() スライド抵抗からの値を10ビットの数値として読み取る。
readLightSensor() 光センサにあたっている光の強さをの値を10ビットの数値として読み取る。
readTemperature() 温度センサの周囲の温度を読み取る。
readMicrophone() マイクからの大きさを読み取る。
readJoystickSwitch() ジョイスティックのボタンを読み取る。
readJoystickButton() ジョイスティックのボタンを読み取る。
readAccelerometer() 加速度センサの値を読み取る。
readButton() ボタンの状態を読み取る。
readJoystickX() ジョイスティックのX軸の位置を読み取る。
readJoystickY() ジョイスティックのY軸の位置を読み取る。
writeRGB() 明るさを表す値をRGB LEDに書き込む。
writeRed() 明るさを表す値を赤色LEDに書き込む。
writeGreen() 明るさを表す値を緑色LEDに書き込む。
writeBlue() 明るさを表す値を青色LEDに書き込む。
readRed() 赤色LEDの明るさの値を読み取る。
readGren() 緑色LEDの明るさの値を読み取る。
readBlue() 青色LEDの明るさの値を読み取る。
tone() ブザーに指定した周波数の方形波を生成する。
notTone() tone()によって開始された方形波の生成を停止する。


メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system