Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
変数の有効範囲

説明

Arduinoが使っているC言語の変数は有効範囲と呼ばれる属性を持っている。全ての変数が大域変数であるBASICなどの言語とは異なっている。

大域変数はプログラムの全ての関数から可視の変数である。局所変数は、その変数が宣言された関数内で可視の変数である。Arduino環境では、関数の外側で定義された変数が大域変数である。

プログラムが大きく複雑になってくると、局所変数はその関数の中からしかアクセスできないことを保証するための有効な手段となる。このことは、ある関数が他の関数で利用している変数を誤って変更することを防ぐ。

for文の中での変数宣言も使いやすい。これは、for文のブロック内からだけアクセス可能な変数を作る。

int gPWMval;  // すべての関数からこの変数は見える

void setup()
{
  // ...
}

void loop()
{
  int i;    // i は loop() の中でだけ有効
  float f;  // f は loop() の中でだけ有効
  // ...

  for (int j = 0; j <100; j++){
  // j は forループの{}の中でだけ有効
  }

}

訳者註

大域変数や局所変数という用語はC言語の規格では定義されていない。これらは、変数(さらに正確に言うと識別子)の有効範囲と結合という概念で定義されている。

バージョン

Arduino 1.8.2

オリジナルのページ

https://www.arduino.cc/en/Reference/Scope



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system