Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
Arduinoリファレンス(変数)

以下に変数・定数の概要を示します。

定数
HIGH | LOW ピンのレベルを定義する。
INPUT | OUPUT デジタルピンを定義する。
true | false 真と偽を定義する。
整数定数 整数定数はスケッチ内で直接記述される、123のような整数値を表す。
浮動小数点定数 浮動小数点定数はスケッチ内で直接記述される、12.3のような小数値を表す。
データ型
void voidは、関数定義と関数宣言で利用され、その関数が呼び出し元に値を返さないことを意味する。
boolean booleanは、trueもしくはfalseのどちらかの値を持つ。
char charは、1文字を格納するために1バイト分のメモリを占めるデータ型である。
unsigned char unsigned charは、1バイト分のメモリを占めるデータ型であり、byteと同じである。
byte byteは、1バイト分のメモリを占めるデータ型であり、0から255までの整数を格納する。
int intは、数値を格納するための主要なデータ型で、2バイト分のメモリを占める。
unsigned int unsigned intは、数値を格納するためのデータ型で、2バイト分のメモリを占める。intとは異なり、正数だけを表す。
word wordは、0から65535までの16ビットの正数を格納する。
long longは、整数を保持するための、大きさが拡張された型である。
unsigned long unsigned longは、正整数を保持するための、大きさが拡張された型である。
float floatは、小数点以下の数値を表すことのできる、浮動小数点型である。
double doubleは、小数点以下の数値を表すことのできる、浮動小数点型である。
文字列(文字の配列) 文字の配列としての文字列。
String(オブジェクト) String型。
配列 配列は、変数の集合である。
変換
char() 値をchar型に変換する。
byte() 値をbyte型に変換する。
int() 値をint型に変換する。
word() 値をword型に変換する、もしくは、2バイトからword型を作成する。
long() 値をlong型に変換する。
float() 値をfloat型に変換する。
変数の有効範囲と修飾子
変数の有効範囲 大域変数と局所変数の説明。
static 関数内で宣言した変数の記憶域期間を、静的記憶域期間にする。
volatile 変数を必ずRAMから読み込むように指示する。
const 変数を読み取り専用にする。
ユーティリティ
sizeof() sizeof演算子は変数の型の大きさ(バイト数)、もしくは、配列が占める総バイト数を返却する。
progmem データをSRAMではなく、フラッシュ(プログラム)メモリに配置する。


メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system