Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
int

int

整数型は数値を格納するための主要なデータ型である。

Arduino Uno(と他のATmegaベースのボード)では、intは16ビット(2バイト)の値を格納することができる。よって、-32768から32767(-2^15から(2^15)-1)の範囲の整数を表す。

Arduino Dueでは、intは32ビット(4バイト)の値を格納することができる。よって、-2147483648から-2147483647(-2^31から(2^32)-1)の範囲の整数を表す。

負数は、2の補数と呼ばれる形式で表される。最上位ビットは符号ビットとも呼ばれ、1のときには負を表す。残りのビットを反転し1を足した値が絶対値である。

Arduinoは期待したとおりに数値演算が行われるように負数を取扱う。ただし、ビット単位の右シフト演算子(>>)の動作は複雑なので注意すること。

 int ledPin = 13;

書式

int var = val;

var int型の変数名
val その変数に代入する値

ヒント

変数が最大値を超えると、桁あふれにより符号反転が起こる。符号反転はどちらの方向(正から負、負から正)にも起こりうる。

16ビットintの例

int x;
x = -32768;
x = x - 1;       // xは32767になる。負から正への符号反転

x = 32767;
x = x + 1;       // xは-32768になる。正から負への符号反転

バージョン

Arduino 1.8.2

オリジナルのページ

https://www.arduino.cc/en/Reference/Int



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system