Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
char

char

charは、1文字を格納するために1バイト分のメモリを占めるデータ型である。文字定数は、'A'のように一重引用符によって囲む。複数の文字定数を表す文字列は、"ABC"のように、二重引用符で囲む。

文字は数値としても格納されている。ASCII符号集合をみると文字と数値との対応がわかる。このことにより、文字に対して数値演算を行うことが可能となる。このとき、ASCII符号集合で割り当てられた数値が利用される。例えば、'A'は65なので、'A'+1は66となる。詳細は、Serial.printlnのリファレンスを参照のこと。

charは符号付の型であり、-128から127の間の値をとる。符号なしの1バイト(8ビット)のデータ型には、byteを使うこと。

char myChar = 'A';
char myChar = 65;      // どちらも同じ

バージョン

Arduino 1.8.2

オリジナルのページ

https://www.arduino.cc/en/Reference/Char



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system