Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
#include

名称

#include

説明

#includeは、スケッチ外のライブラリを挿入するために利用される。標準Cライブラリ(あらかじめ定義された関数群)やArduino専用に書かれたライブラリを利用することができる。

AVR Cライブラリのリファレンスはここにある(AVRはArduinoが利用しているAtmelチップの総称である)。

#define同様、#includeも文の最後にセミコロンを書かない。セミコロンを書いてしまうと、コンパイラは意味不明のメッセージを出すだろう。

書式

#include <ファイル名> 改行

#include "ファイル名" 改行

使用例

この例では、データをRAMではなく、FLASHメモリに書き出すライブラリを利用する。RAMを節約し大規模の参照テーブルを実用的に利用可能とする。

#include <avr/pgmspace.h>

prog_uint16_t myConstants[] PROGMEM = {0, 21140, 702  , 9128,  0, 25764, 8456,
0,0,0,0,0,0,0,0,29810,8968,29762,29762,4500};

バージョン

Arduino 1.8.2

オリジナルのページ

https://www.arduino.cc/en/Reference/Include



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system