Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
goto

名称

goto

説明

プログラム内のラベルに制御を移す。

書式

label:

goto 識別子; // プログラムの制御をlabelに移す。

使用例

for(byte r = 0; r < 255; r++){
    for(byte g = 255; g > -1; g--){
        for(byte b = 0; b < 255; b++){
            if (analogRead(0) > 250){ goto bailout;}
            // more statements ... 
        }
    }
}
bailout:

ヒント

C言語ではgoto文の使用は推奨されていない。C言語関連の書籍の著者の中には、goto文は不要であると主張する人もいる。しかし、適切に使えば、ある種のプログラムを簡潔に記述することができる。多くのプログラマがgoto文の仕様に難色を示す理由は、goto文の乱用により、予期しないプログラムのフローを容易に作り出し、デバグができなくなることにある。

とはいうものの、goto文が重宝する状況はあり、コーディングを簡易にする。一つの状況は、深いループやifブロックから特定の条件の場合に抜け出すことである。

バージョン

Arduino 1.8.2

オリジナルのページ

http://arduino.cc/en/Reference/Goto



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system