Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
= 代入演算子(単純代入)

名称

= 代入演算子(単純代入)

説明

等号記号の右側の値を等号記号の左側の変数に代入する。

C言語では、一つの等号は代入演算子と呼ばれる。等式や等しいことを表す数学的な意味ではなく、代入演算子の右側の値や式を評価し、等号記号の左側にある変数に代入するようマイクロコントローラに指示する。

使用例

int sensVal;                 // declare an integer variable named sensVal
senVal = analogRead(0);       // store the (digitized) input voltage at analog pin 0 in SensVal

ヒント

単純代入演算子の左側にある変数は、値を保持できる型である必要がある。値を保持できるだけの充分な大きさがない場合は、変数に代入された値は間違っているかもしれない。

単純代入演算子(=)と、二つの値が等しいかどうかを評価する等価演算子(==)とを混同しないよう注意すること。

バージョン

Arduino 1.8.3

オリジナルのページ

http://arduino.cc/en/Reference/Assignment



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system