Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
+ - * / (算術演算子)

名称

+ - * / (算術演算子)

説明

これらの演算子は、それぞれ、和・差・積・商を返す。各演算はオペランド(パラメータ)のデータ型を用いて実行される。よって、例えば、9も4もint型なので、9/4は2となる。また、結果がそのデータ型よりも大きい値だったときはオーバーフローすることを意味する。例えば、整数型の32767に1を足すと、-32768となる。オペランドが異なるデータ型だった場合は、サイズが大きいほうの型が利用される。

どちらかの数値がfloatもしくはdoubleの場合は、浮動小数演算が行われる。

書式

result = value1 + value2;

result = value1 - value2;

result = value1 * value2;

result = value1 / value2;

引数

value1 任意の変数や定数
value2 任意の変数や定数

使用例

y = y + 3;
x = x - 7;
i = j * 6;
r = r / 5;

ヒント

整数の定数のデフォルトは、int型である。よって、定数同士の計算がオーバー フローすることもある。例えば、60*1000は負の値になる。

計算結果の最大値を保持できる大きさを持つ型を選ぶこと。

どこで桁あふれや符号反転が起こるかを意識すること。

小数の値が必要な場合は、float型の変数を利用すること。ただし、float型には、(コンパイル後のプログラムの)大きさが大きくなったり、計算速度が低下するという欠点があることに注意すること。

実行時に変数の型を変えるには、(int)myFloatのようにキャスト演算子を用いること。

バージョン

Arduino 1.8.3



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system