Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
print()

名称

print()

説明

接続しているPCにキーストロークを送信する。

Keyboard.print()を使う前に、Keyboard.begin()を呼ぶ必要がある。

注意:Keyboard.print()コマンドを使うと、Arduinoはキーボードを横取りする。このコマンドを使う前に制御可能であることを確認すること。キーボード制御状態をトグルする押しボタンを使うのが効果がある。

書式

size_t Keyboard_::print(const char[]);

size_t Keyboard_::print(char);

訳者註:Printクラスを継承しているので、さまざまな形式の引数が使えるはずです。

引数

char 送信する文字、文字列

戻り値

送信したバイト数

使用例

void setup() {
  // 2番ピンを入力にし、プルアップ抵抗を有効にする。これにより、接地しない限りHIGHになる。
  pinMode(2, INPUT_PULLUP);
  Keyboard.begin();
}

void loop() {
  //ボタンが押されたら
  if(digitalRead(2)==LOW){
    //メッセージを送信する。
    Keyboard.print("Hello!");
  }
}

バージョン

Arduino 1.8.2



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system