Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
delayMicroseconds()

名称

delayMicroseconds()

説明

パラメータで指定した時間(マイクロ秒単位)だけプログラムを一時停止する。1秒は1,000,000マイクロ秒である。

現状, 正確に発生できる遅延の最大値は16383である。これは、将来のArduinoリリースで変更される可能性がある。数千マイクロ秒よりも長 い遅延が必要なときは、delay()を利用すること。

書式

void delayMicroseconds(unsigned int us)

引数

us 一時停止する時間(マイクロ秒単位)

戻り値

なし

使用例

int outPin = 8;                 // デジタルピンの8番

void setup()
{
  pinMode(outPin, OUTPUT);      // 8番ピンを出力(OUTPUT)に設定
}

void loop()
{
  digitalWrite(outPin, HIGH);   // ピンをONにする
  delayMicroseconds(50);        // 50マイクロ秒待つ      
  digitalWrite(outPin, LOW);    // ピンをOFFにする
  delayMicroseconds(50);        // 50マイクロ秒待つ      
}

8番ピンを出力に設定する。約100ミリ秒ごとにパルスを発生させる。概算なのは他の命令が実行されるためである。

注意

この関数は、3マイクロ秒以上の範囲でとても正確に動作する。非常に小さい遅延時間に対しては、delayMicroseconds()の精度は保障できない。

Arduino 0018以降から、delayMicroseconds()は割り込み禁止にしない。

バージョン

Arduino 1.8.3

実装の解析

delayMicroseconds()



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system