Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
digitalWrite()

名称

digitalWrite()

説明

デジタルピンにHIGHもしくはLOWの値を出力する。

ピンが、pinMode()によって、出力(OUTPUT)に設定されているとき、ピンの電圧が引数に応じた値に設定される。引数にHIGHを設定した場合は5V(3.3Vのボードの場合は、3.3V)、引数にLOWを指定した場合は、0V(接地)となる。

ピンが入力(INPUT)に設定されているときに、digitalWrite()によってHIGHを出力すると、内部のプルアップ抵抗が有効になる。また、LOWを出力すると、プルアップ抵抗が無効になる。ただし、内部のプルアップ抵抗を有効にするには、pinMode()でINPUT_PULLUPを設定することが推奨されている。

注意pinMode()でピンをOUTPUTにせずにLEDをピンに接続し、digitalWrite(HIGH)を呼ぶと、LEDは暗く光る。pinMode()を明示的に呼ばなければ、digitalWrite()は内部のプルアップ抵抗が有効になり、電流制限抵抗のようにふるまう。

書式

void digitalWrite(uint8_t pin, uint8_t val);

引数

pin 設定するピンの番号
value HIGH もしくは LOW

戻り値

なし

使用例

int ledPin = 13; // デジタルピンの13番に接続されているLED

void setup() {
        pinMode(ledPin, OUTPUT); // デジタルピンを出力に設定する
}

void loop() {
        digitalWrite(ledPin, HIGH); // LEDを点ける
        delay(1000); // 1秒待つ
        digitalWrite(ledPin, LOW); // LEDを消す
        delay(1000); // 1秒待つ
}

13番ピンをHIGHにし、1秒待ち、ピンをLOWに戻す。

注意

アナログピン(A0、A1…として表記される)もデジタルピンとして利用できる。

バージョン

Arduino 1.8.2

実装の解析

digitalWrite()



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system