Arduinoリファレンス

Arduinoリファレンスの日本語訳のページです
garretlab
analogReference()

名称

analogReference()

説明

アナログ入力に利用する参照電圧(入力電圧の最大値)を設定する。

書式

void analogReference(uint8_t mode);

引数

mode 参照電圧の形式。具体的な値は以下の通り。
DEFAULT デフォルトの参照電圧。5VのArduinoボードでは5V、3.3VのArduinoボードでは3.3V。
INTERNAL 内蔵の参照電圧。ATmega168とATmega328では1.1V、ATmega8では2.56V。ArduinoMegaでは利用不可。
INTERNAL1V1 内蔵の1.1Vの参照電圧(ArduinoMegaだけ)
INTERNAL2V56 内蔵の2.56Vの参照電圧(ArduinoMegaだけ)
EXTERNAL AREFピンに与えられる電圧。ただし、0Vから5Vの範囲。.

戻り値

なし

注意

参照電圧を変更後の数回は、analogRead()戻り値が不正確になることがある。

警告

0Vよりも低い、もしくは、5Vよりも高い参照電圧をAREFピンに入力しないこと。AREFピンの外部参照電圧を利用するときは、analogRead()を呼ぶ前に参照電圧をEXTERNALに設定すること。そうしないと、内部で発生させている参照電圧とAREFピンとがショートし、Arduinoボードのマイクロコントローラを破壊することがある。

5kΩの抵抗を接続して外部の参照電圧を与えると、外部の参照電圧と内部の参照電圧とを切り替えることができる。AREFピンには32kΩの内部抵抗があるため、接続した抵抗によって参照電圧が変わることに注意すること。2つの抵抗が分圧器となるため、たとえば、2.5Vを供給した時には、2.5(V)×32÷(32+5)≒2.2VがAREFピンにかかることになる。.

バージョン

Arduino 1.8.2

実装の解析

analogReference()



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system