ライブラリ

Arduinoガイド(Getting Started)の日本語訳のページです
garretlab
ライブラリ

追加Arduinoライブラリをインストールする

ArduioソフトウェアやArduinoソフトウェアが提供する組み込み関数に慣れると、追加ライブラリを使ってArduinoの能力を拡張したくなるかもしれない。

ライブラリとは何か?

ライブラリは、センサやディスプレイ、モジュールなどとArduinoとの接続を容易にするためのコードの集合である。例えば、Arduinoソフトウェア付属のLiquidCrystalライブラリはLCDディスプレイの操作を容易にする。インターネット上にはダウンロード可能な追加ライブラリが多数存在する。付属のライブラリといくつかの追加ライブラリはリファレンスページに載っている。追加のライブラリを利用するには、それらをインストールする必要がある。

ライブラリのインストール方法

ライブラリマネージャを使う

Arduino IDEに新しいライブラリをインストールするのに、IDEバージョン1.6.2からは、ライブラリマネージャを使うことができる。IDEを起動し、"スケッチ"メニューをクリックしたあと、"ライブラリをインクルード > ライブラリを管理"の順にクリックする。

すると、ライブラリマネージャが起動し、既にインストールされているライブラリやインストール可能なライブラリのリストが表示される。ここでは、Bridgeライブラリをインストールしてみる。画面をスクロールしてBridgeライブラリを探し、インストールしたいバージョンを選択する。ときどき一つのバージョンだけが利用可能のときもある。バージョン選択メニューが現れなくても問題はない。それが通常である。

訳者註:上記のスナップショットはインストール後の状態です。

最後に、インストールをクリックしてIDEが新しいライブラリをインストールするのを待つ。ダウンロードは、回線速度によっては時間がかかる。完了すると、Bridgeライブラリの横に"INSTALLED"タグが現れるので、ライブラリマネージャを終了してもいい。

インストール後は、新しいライブラリが、"スケッチ > ライブラリをインクルード"メニューから利用可能となる。自分のライブラリを追加したいときは、githubに新しいissueを作成する。

.zip ライブラリをインポートする

ライブラリはZIPファイルやフォルダ形式で配布されることが多い。フォルダの名前がライブラリの名前である。フォルダの中には、.cppファイルと.hファイル、多くの場合はkeywords.txtファイル、サンプルフォルダ、その他ライブラリが必要とするファイルが格納されている。バージョン1.0.5からは、サードパーティのライブラリをIDEにインストールすることができる。ダウンロードしたライブラリをunzipせずに、そのまま残しておく。

Arduino IDEで、"ライブラリをインクルード > .ZIP形式のライブラリをインストール"を選択する。

すると、追加したいライブラリを選択するためのプロンプトが現れる。.zipファイルのフォルダまで行き、.zipファイルを開く。

"スケッチ > ライブラリをインクルード"メニューに戻る。ドロップダウンメニューの一番最後に追加したライブラリが現れる。ライブラリはスケッチから利用可能な状態になっている。.zipファイルは、Arduinoのスケッチディレクトリにlibrariesフォルダに展開されている。

注意:ライブラリはスケッチから利用可能な状態になっているが、IDEを再起動するまでは、スケッチの例は、"ファイル > スケッチの例"には現れない。

マニュアルインストール

ライブラリをインストールするには、まず、Arduinoソフトウェアを終了する。

次に、ZIPファイルを伸長する。例えば、"ArduinoParty"というライブラリをインストールするときは、ArduinoParty.zipを伸長する。ArduinoParty.zipにはArduinoPartyというフォルダがあり、その中にArduinoParty.cppとArduinoParty.hというファイルが含まれている必要がある。もしも.cppと.hファイルがフォルダの中にない場合は、フォルダを作成する必要がある。この場合、ArduinoPartyというフォルダを作り、その中にZIPファイルの中にあるArduinoParty.cppやArduinoParty.hなどのすべてのファイルを移動する。

ArduinoPartyフォルダを以下に示すフォルダに移動する。Windowsでは"My Documents\Arduino\libraries"である。Macでは "Documents/Arduino/libraries"で、Linuxでは、スケッチブック内の"libraries"フォルダである。

Windowsの場合は以下のようになる。

  My Documents\Arduino\libraries\ArduinoParty\ArduinoParty.cpp
  My Documents\Arduino\libraries\ArduinoParty\ArduinoParty.h
  My Documents\Arduino\libraries\ArduinoParty\examples
  ....

MacとLinuxの場合は、以下のようになる。

  Documents/Arduino/libraries/ArduinoParty/ArduinoParty.cpp
  Documents/Arduino/libraries/ArduinoParty/ArduinoParty.h
  Documents/Arduino/libraries/ArduinoParty/examples
  ...

.cppや.hファイル以外にもファイルがある場合もあるので、適切にコピーできているか確認すること。

.cppや.hファイルをlibrariesフォルダの直下に置いたりフォルダ名が二段になったりした場合はライブラリは動作しない。例えば、以下の場合には動作しない。

  Documents\Arduino\libraries\ArduinoParty.cpp
  Documents\Arduino\libraries\ArduinoParty\ArduinoParty\ArduinoParty.cpp

最後に、Arduinoソフトウェアを再起動し、メニューから"スケッチ > ライブラリを使用"を選択し新しいライブラリが出てくることを確認する。

以上でライブラリのインストールは終了。

このチュートリアルはLimor Friedの文書に基づいている。

オリジナルのページ

http://arduino.cc/en/Guide/Libraries



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

inserted by FC2 system