Arduinoで遊ぶページ

Arduinoで遊んだ結果を残すページです。
garretlab
MPL115A2用ライブラリ

概要

MPL115A2という大気圧センサの測定値を取得するための、Arduino Uno向けのライブラリです。ライブラリを作成する前の実験はこちらをご覧ください。

使い方

ピンの接続

ピン接続は以下の通りです。A4・A5はArduinoのアナログの4番・5番です。

MPL115A2のピン番号 Arduinoのピン番号
1 5V
2 コンデンサ(1.0μF)→GND
3 GND
4 5V
5 5V
6 接続しない
7 A4、4.7kΩの抵抗でプルアップ
8 A5、4.7kΩの抵抗でプルアップ

簡単な回路図を以下に示します。

ライブラリのインクルード

以下をスケッチの最初に記述し、ライブラリの利用を宣言します。これにより、MPL115A2という変数が利用可能となります。Wire.hもインクルードする必要があります。

#include <Wire.h> #include <MPL115A2.h>

関数

このライブラリで提供している関数は以下の通りです。

begin()

説明

MPL115A2の補正用データを取得します。大気圧データを取得する前に実行しておく必要があります。

書式

void MPL115A2Class::begin ()

引数

なし

戻り値

なし

read()

説明

MPL115A2を通して大気圧を取得します。

書式

float MPL115A2Class::read()

引数

なし

戻り値

大気圧(単位はヘクトパスカル)。

使用例

以下の例では、1秒ごとに大気圧をシリアルコンソールに表示します。

#include <Wire.h> 
#include <MPL115A2.h> 
void setup () {
 Serial.begin(9600);
 MPL115A2.begin();
}

void loop () {
 Serial.println(MPL115A2.read());
 delay(1000); 
}

ダウンロード

以下のファイルをダウンロードしてください。GitHubのリポジトリはこちら

MPL115A2.zip

バージョン

Arduino 1.0.5



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

Arduinoで遊ぶページ
Copyright © 2013 garretlab all rights reserved.
inserted by FC2 system