Arduinoで遊ぶページ

Arduinoで遊んだ結果を残すページです。
garretlab
SPIClass::transfer()

SPIClass::transfer()

概要

SPIClass::setDataMode()は、データを転送します。リファレンスはこちら

SPI関連のレジスタの説明はこちら

ソースコード

SPIClass::transfer()は、libraries/SPI/SPI.hに定義されています。以下に全ソースコードを示します。

byte SPIClass::transfer(byte _data) {
  SPDR = _data;
  while (!(SPSR & _BV(SPIF)))
    ;
  return SPDR;
}

引数をSPDRに設定し、その後、SPSRのSPIFビットが1になるのを待ちます。

バージョン

Arduino 1.0.1



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

Arduinoで遊ぶページ
Copyright © 2012 garretlab all rights reserved.
inserted by FC2 system