Arduinoで遊ぶページ

Arduinoで遊んだ結果を残すページです。
garretlab
PIO_PullUp()

PIO_PullUp()

概要

PIO(Parallel Input/Output Controller)の内蔵プルアップ抵抗を制御します。

以下のレジスタを設定します。

レジスタ シンボル 意味(1を書き込んだときの動作)
Pull-up Disable レジスタ PIO_PUDR プルアップレジスタを無効にする。
Pull-up Enable レジスタ PIO_PUER プルアップレジスタを有効にする。

ソースコード

PIO_PullUp()は、hardware/arduino/sam/system/libsam/source/pio.c に定義されています。以下に全ソースコードを示します。ソースコードのライセンスはこちら

extern void PIO_PullUp( Pio *pPio, const uint32_t dwMask, const uint32_t dwPullUpEnable )
{
    /* Enable the pull-up(s) if necessary */
    if ( dwPullUpEnable )
    {
        pPio->PIO_PUER = dwMask ;
    }
    else
    {
        pPio->PIO_PUDR = dwMask ;
    }
}

引数は、ピンに対応したPIO(Parallel IO Controller)を示すPioへのポインタ型のpPio、ピンに対応するマスク(コントローラのどのビットでそのピンが制御されるかを示します)を示すconst uint32_t型のdwMask、内蔵プルアップ抵抗有効にするのかを示すconst uint32_t型のwPullUpEnableの3つです。

dwPullUpEnableが0でない場合は、pPio->PIO_PUERにdwMaskwを設定します。pPio->PIO_PUERは32ビットのレジスタで、ビットを1に設定すると設定したビットに対応する内蔵プルアップ抵抗が有効になります。

dwPullUpEnableが0の場合は、pPio->PIO_PUDRにdwMaskwを設定します。pPio->PIO_PUDRは32ビットのレジスタで、ビットを1に設定すると設定したビットに対応する内蔵プルアップ抵抗が無効になります。

バージョン

Arduino 1.5



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

Arduinoで遊ぶページ
Copyright © 2013 garretlab all rights reserved.
inserted by FC2 system