Arduinoで遊ぶページ

Arduinoで遊んだ結果を残すページです。
garretlab
サンプルプログラム解説

概要

アナログ入力に応じた音を出します。

アナログの0番ピンにフォトレジスタ、デジタルの8番ピンにスピーカが接続されている想定です。

プログラム

定義等

/*
  Pitch follower

 Plays a pitch that changes based on a changing analog input

 circuit:
 * 8-ohm speaker on digital pin 9
 * photoresistor on analog 0 to 5V
 * 4.7K resistor on analog 0 to ground

 created 21 Jan 2010
 modified 31 May 2012
 by Tom Igoe, with suggestion from Michael Flynn

This example code is in the public domain.

 http://www.arduino.cc/en/Tutorial/Tone2

 */

コメントだけで特に何もしていません。

setup()

void setup() {
  // initialize serial communications (for debugging only):
  Serial.begin(9600);
}

Serial.begin()を使ってシリアル通信の初期化を行います。

loop()

void loop() {
  // read the sensor:
  int sensorReading = analogRead(A0);
  // print the sensor reading so you know its range
  Serial.println(sensorReading);
  // map the analog input range (in this case, 400 - 1000 from the photoresistor)
  // to the output pitch range (120 - 1500Hz)
  // change the minimum and maximum input numbers below
  // depending on the range your sensor's giving:
  int thisPitch = map(sensorReading, 400, 1000, 120, 1500);

  // play the pitch:
  tone(9, thisPitch, 10);
  delay(1);        // delay in between reads for stability
}

analogRead()を使って、アナログの0番ピン(A0と表します)から値を読みます。読み取った値は、まず、Serial.println()を使ってシリアルコンソールに出力します。

map()を使って、読み取った値を出力する周波数に変換します。このスケッチでは400から1000の範囲を120から1500に対応させています。その後、tone()を使い、変換後の周波数で音を出します。

バージョン

Arduino 1.8.3



メニューを表示するためにJavaScriptを有効にしてください。

Arduinoで遊ぶページ
Copyright © 2011 garretlab all rights reserved.
inserted by FC2 system